足のむくみと病気ドットコム


ボテっと脚は「むくみ」が原因だった?>>>「きゅきゅっと小町」初回980円!

足のむくみと病気の関係とは

足のむくみと病気の関係を知るには、まずは足のむくみについて知っておくことが大切ですね。足のむくみは、むくみが身体の下にある足に下がってきてしまった状態のことをいいます。足のむくみと病気では、もともと健康な人が足がむくんで太くなったというのと、何かの病気で身体全体または一部にむくみが出てきたというのでは、同じ足のむくみでも大きな違いが出てきます。ですから、単に足の疲れから来るむくみなのか、それとも何かの病気が原因でむくみが出ているのか、あなたの今の健康状態で決まってしまいす。

・腎臓の病気とむくみの関係
腎臓は体の老廃物を排泄する大切な働きをします。しかし、急性腎炎の病気にかかると体内にナトリウムがたまってしまい尿の量が減り、顔のむくみにつながってしまいます。
・ネフローゼとむくみの関係
ネフローゼの症状がある場合は、血液の浸透圧が下がってしまい皮膚の下の組織に水分がたまって、身体全身のむくみが起きてしまいます。
・心機能の病気とむくみの関係
何らかの病気で心機能が低下してしまい血液循環が悪くなってくると、血液が心臓に戻り難くなって全身にむくみが出てきてしまいます。血液を心臓に戻せなくなるので、重力の関係から足のむくみになってつながってしまいす。
・肝炎の病気とむくみの関係
B型肝炎・C型肝炎などの病気が進行して肝硬変になってしまうと、血清の浸透圧が下ってしまい腹水やむくみにつながってしまいます。
・甲状腺機能低下症とむくみの関係
甲状腺のホルモンが不足して起こってしまう甲状腺機能低下症の場合は、指で押してもへこまないむくみが起こって粘液水腫といわれる状態につなかってしまいます。
[PR]足のむくみと病気ナビ
[PR]足のむくみと病気の関係

足のむくみはなぜ起こってしまうのか?

足のむくみが起こってしまうのに、リンパ管の働きは大きな関係にあります。ご存知の通り、リンパ管は人間の身体の隅々まで走っています。しかし、このリンパ管で回収出来なかった余分な水分や老廃物が細胞と細胞の間にたまってしまうとむくみとして出てきてしまいます。
このむくみが足に来るのは、単純に重力の法則に従っているからです。また、病気で心機能が低下してしまた場合、血液の循環が悪く足のむくみにもつながってしまいます。さらに、心臓だけではなく、足の筋肉が低下することでも、血液やリンパ液を押し上げる力が弱くなってしまい、足のむくみにつながります。
その他には、立ちっぱなしや座りっぱなしで長い時間同じ姿勢でいることから足のむくみにつながったり、女性に多い足を締め付ける靴や下着、そして、ストレスや冷房による冷えなどがむくみの原因につながっています。

>>> ボテっと脚は「むくみ」が原因だった?「きゅきゅっと小町」初回980円! <<<